2015/6/1
一般社団法人つつじ

就労継続支援B型作業所
『寒緋桜(かんひざくら)』開所に寄せて

一般社団法人つつじは、今後も精神・発達障がいのある方達が魅力的な人財である事を社会に情報発信し続けます。

身体、知的障がいの方については、社会のバリアフリー化が進み、多くの雇用に繋がりました。
精神・発達障がいについても必ずや大きな流れを生み出し、社会に受け皿が増やしていきたいと願っています。

いつの日か、寒緋桜から巣立った人たちが、障がい者雇用にとどまらず、新しいビジネスモデルの主体となることを願っています。

自閉症啓発のシンボルカラーである青は、物理や科学の言葉では、とても強いエネルギーを持った光であることを意味します。

その強い青い光で、閉塞した社会の障壁を打ち破って新しい価値観を生み出してくれる日を夢みて、寒緋桜を開所します。

kahiopen